トータル・リコール

Posted: 10月 10th, 2008 | Filed under: SF


火星に行けば、おでぶさんの一丁上がり



自らの記憶が植え付けられたものだと知ったひとりの男が、真実を追い求めて火星へ旅立つ。
火星でのモーフィングを使用した顔面の膨張シーンなどのSFXシーンがオスカーを受賞して話題に。

当時のVFXは発展途中なので、驚異の映像として迎えられた。
シュワルツェネッガーと共演しているシャロン・ストーンは「氷の微笑」出演前だったので、ブレイク前でこのときは認知度は低かった。

出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、シャロン・ストーン
監督:ポール・バーホーベン


Comments are closed.