ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ラフマニノフ ある愛の調べ

Posted: 10月 10th, 2008 | Filed under: 実在の人物を描いた作品, 文芸

人生を彩るのはライラックの甘美な香り


■ストーリー
ソ連からアメリカに亡命した、セルゲイ・ラフマニノフ。
カーネギー・ホールを満員にして賞賛の嵐を浴びた全米ツアーがスタートした。
しかし、日に日に憔悴していく。

それは祖国とは違うアメリカの風土になじめないこと、連日の演奏会による疲労、なによりも新たな曲が作れない苦悩が理由だった。

そんなとき、ラフマニノフのもとに届けられる祖国に咲き乱れるライラックの香りが、美しい旋律を生みだすことを予感させていた…


■注目を浴びるラフマニノフに光を当てた作品
日本では「のだめカンタービレ」などで注目を浴び、若年層にも知られるようになったラフマニノフ。

旧ソ連での日々と亡命先のアメリカでの話を交互に織り交ぜながら、名曲が生まれていく過程を描くもの。

悪しき政権である旧ソ連では生きられないと悟り、アメリカへ亡命したラフマニノフでも、祖国は祖国。
そんな望郷の念を支えたのは妻ナターシャとライラックの花だった。

「この映画は芸術作品であり、史実とは異なる表現が含まれる」というテロップが流れるが、概ねいい感じ。

作品中にラフマニノフの曲は幾度も流れるが、全て流れるというわけではなく、一部分のみ。ラフマニノフ自身の心情をクローズアップさせた映画なので、ラフマニノフの曲を聴きたいのなら、CDを聴くべし。



・出演:エフゲニー・ツィガノフ、ヴィクトリア・トルストガノヴァ
・監督:バーヴェル・ルンギン
ラフマニノフ ある愛の調べ


ラフマニノフ ある愛の調べ [DVD]
ポニーキャニオン (2009-05-29)
売り上げランキング: 5114


Comments are closed.