ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!? HOODWINKED

Posted: 10月 10th, 2008 | Filed under: アニメーション

ウサギを信用するな


■ストーリー
おばあちゃんの家を訪ねた、赤ずきんを被った少女レッド。
そこには、おばあちゃんの姿はなく、おばあちゃんの格好をしたオオカミがいた。

と、ここまではおなじみのおとぎ話の通り。
クローゼットの中から縛られたおばあちゃんが飛び出し、さらに斧を持った”木こり”も窓を突き破って飛び込んできた。

現場へ駆け込んだ警察は、森いちばんのお菓子作り名人である、おばあさんの家で起きた事件が、とある事件と関係があると考え、捜査を開始する_


■無名のアニメスタジオの快挙
このフルCGアニメはピクサーでも、ディズニーが作ったものでもないのだけど、かなり面白いです。

大御所のアニメスタジオが作る映画に対抗するためには、奇抜なアイデアで勝負するしかないということで、おとぎ話「赤ずきんちゃん」をモチーフに話を大胆に展開したということなんだろうけど、大成功と言っていいでしょう。

本作品は2005年に製作され、既にヨーロッパ、アジア各国で公開済。
意外に面白いと評判だったので日本公開に踏み切ったということかな。。

アニメということで子供向けではあるんだけど、謎解きというサスペンスタッチの描写、ときおり挟まれるギャグとアクション、「人は見かけによらない」という言葉がベースになっているストーリーによって、大人も楽しめる内容になっています。

フルCGなんだけど、大スタジオが売りのひとつとしている、ものすごくリアルな描写ではなく、いかにもアメリカンコミックな感じの描写。
とはいえ、描写にアラがあるわけでもなく、ひとつひとつの人物、風景、機械などがよく描かれています。


こないだ見た「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」とは違い、同じハチャメチャなストーリーなのに、こちらはムカつくことなくイライラすることなく観賞できちゃいました。

この違いはどこから来るんだろう~ と考えていたら、
観客を楽しませようとしているか否か、監督の自己満足で終わっているか否かの違いなんだろうと気づきました。

まったく期待してなかっただけに、掘り出し物を見つけた気分 :-D

 +++++


日本語吹き替え版は、少女レッドに上野樹里、オオカミに元”極楽とんぼの加藤浩次が声優として出演、
主題歌を原由子が歌っています。

挿入歌も上野樹里が歌ったり、その他の歌やバンド演奏も日本語歌詞で吹替えしてるんだけど、
ラップの部分だけは英語だった(笑)
やっぱ日本語のラップって変だからかな。。



声優:上野樹里、加藤浩次、ケンドー・コバヤシ
吹替監修:鈴木おさむ
主題歌:原由子
リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?


リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント (2008/02/20)
売り上げランキング: 266
おすすめ度の平均: 4.5
5 掛け値なしの面白さ! よく練られたストーリー! “りす”と“山やぎ”最高!(?)
4 吹替えもなかなかイイ


Comments are closed.