ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

レミーのおいしいレストラン Ratatouille

Posted: 10月 10th, 2008 | Filed under: アニメーション

誰にでも料理はつくれる

■ストーリー
フランスの田舎町に住むネズミのレミーは、特殊な能力を持っていた。
それは味覚を嗅ぎ分け、食べていいものといけないもの、食材を組み合わせて新しいものを想像する力。

ある嵐の日、レミーは家族とはぐれてパリにたどりつく。ひょんなことから憧れのシェフ・グストーのレストランに来たレミーは、そこでおいしい料理作りに目覚めていく。

■料理は最も創造性を発揮できる芸術
「料理は誰にでも作ることができる」フランスの名シェフ、グストーの真意を汲み取ったネズミのレミーが、料理をするというもの。

この作品が伝えることは、物事を成し遂げるのに、出身や経歴、容姿などは全く関係がないということ。

対して評論家は誰かを批判するばかりで口先だけの自分は何もしない連中であるということを皮肉たっぷりに描く。

■うまそうな料理をCGで描くというピクサーの挑戦
フルCGアニメで料理を表現するために、ピクサースタジオはひとつひとつの料理をスタッフが実際に作ってみて体感した上で製作に当たったとのこと。
その苦労が見事、質感・旨みに溢れる料理の表現に結実した。


レミーのおいしいレストラン


レミーのおいしいレストラン
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント (2007/11/14)
売り上げランキング: 248
おすすめ度の平均: 4.5
4 スパイスが効いています
4 パリの風景描写が美しい
5 やられた!アニメなのに。


Comments are closed.