ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

僕のニューヨークライフ anything else

Posted: 10月 10th, 2008 | Filed under: コメディ


ケセラ・セラ


NYをこよなく愛する映画監督・ウディ・アレンの日本公開での最新作。
今回、ウディ・アレンは脇役に徹しているが、お決まりのおとぼけ路線は健在。

NY在住の若手の喜劇作家の恋と仕事の苦悩を描く。
クリスティーナ・リッチの下着姿、シャラポワもびっくりのキャミソールの下から
透けて見える乳首が見物。意外と巨乳なのね。

コメディではあるが、ストーリーは淡々と進んでいく。
いいことも、意外なことも、理解不能なことも、別れも、
「人生なんてそんなもの」というセリフで片付けられる。

ラストでタクシー運転手にさえ「人生なんてそんなもの」と言われてしまう、
主人公の惨めさは救いようがないが、唯一の希望はリセット先のサンフランシスコでの人生だろう。
でも、きっと「人生なんてそんなもの」という出来事はおきてしまうんだろうけど。

原題は”anything else”

直訳すると「他の何か」ということだが、人生でなにかあったとしても、
ズルズルと引きずらずに自分で”anything else”を見つけていこうよ、というメッセージを伝えてくれる。



「裸のバスの運転手を信じるな。」



出演 ジェーソン・ビッグス、クリスティーナ・リッチ、ウディ・アレン
監督 ウディ・アレン


僕のニューヨークライフ
日活 (2007-07-06)
売り上げランキング: 36629


Comments are closed.