ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

日本以外全部沈没

Posted: 10月 10th, 2008 | Filed under: パロディ

「地震で始まり、地震で終わる。しかし、終わるということは何かが始まるということだ。」


小松左京の「日本沈没」を原典とする、筒井康隆の傑作「日本以外全部沈没」がついに映画化。

【ストーリー】
アメリカ大陸に始まり、中国大陸、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、オーストラリアが地殻プレートの大変動により次々に沈没。日本だけが残ってしまった。

そして、世界中から外国人が大挙して押し寄せ、日本中は全人口の4/5が外国人で占められるようになり、食糧不足、「うまい棒」が1本10万円になるなど物価が高騰、失業率も急上昇、外国為替は紙屑同然となり、日本中で外国人による犯罪が多発。政府は超法規的措置としてGAT(外人アタックチーム)を結成して、不良外国人を検挙して国外追放にした。

中国・韓国の首脳は、これまでの強硬姿勢とは裏を返したように態度を豹変させて日本政府に媚を振るようになった。しかし、日本のやり方の横暴さに外国人のストレスは溜まり爆発寸前だったが、その日本にも次の天変地異が始まろうとしていた。

【観賞後の感想】
いい具合のB級作品に仕上がっています。
低予算映画ならではのチープな感じがよく出ている、おバカ映画です。

ただね、突然「日本音頭」のPVが出てきたり、ビールを飲んで気が大きくなると体も大きくなって怪獣と戦うテレビ番組や松尾貴史のTV外人予報のシーンがあったりするのは面白いんだけど、作品としてはシーンのツギハギの感は否めなかった。本来なら30分くらいで終わる作品だから仕方ないか。

ブルース・ウイルスやシュワルツネッガーなど、ハリウッド俳優や著名人のそっくりさんが出演しているけれど、あまり似ていなさが逆にシュールさを出していてイイ!!
でも、ジェリー・クルージングとジョーカスが誰のことを指すのかはわかったけど、エリザベスって誰のことを指すのか、最後までわからなかったよん。:-o

自由の女神、凱旋門や建物の爆発シーン、陸地の陥没シーンも、いかにも低予算で作りましたという感じのバカバカしさがB級っぽさを醸し出していて、これも狙い通り。

アメリカ、ロシア、中国、韓国首脳が日本の首相にゴマすりをするシーンは傑作。チョイ役で出演した原作者の筒井康隆氏は気持ちよさそうに演じていたなぁ~

藤岡弘は最後までサムライ魂を見せつけてくれて男気って感じでマル。:-x

いつも陽気に笑って過ごしていた、地震予知の権威である田所博士は、日本がどうなるかを知っていたから、おふさげともとれる態度でいたんですね。
どうせ消えてなくなるんだから、笑って楽しく過ごせよと。

シーンに突っ込みどころは満載だったのだけど、外国為替がマイナスになるってどういうことなんでしょう。
負債になったってこと? 
もうひとつ、テロップに出てた藤岡弘、の最後の「、」ってなんなんでしょう?
誰か教えてエライ人。

この映画はほとんどの上映館でレイトショー扱いになってますが、理由はわかる気がする。
あんまり公に出したら諸外国とかいろいろなところから怒られそうだわ、こりゃ。。。:-P
日本沈没のパロディではあるけれど、限りなくブラック臭が漂う作品です。
中国・韓国の首脳が「(靖国)神社に参拝に行ってきました」と言ったり、
「侵略の歴史は大陸とともに沈みました」「水に流しました」と言ったり、
ラストは北の将軍様がテロ活動で登場したりと、なにかと物議を醸しそうなシーンが満載だもん。


うまい棒が10万円になんてならないうちに、早く食べておかなくては。
うまい棒 サラミ味

日本以外全部沈没 1時間38分
原典 小松左京
原作 筒井康隆
出演 小橋賢児、柏原収史、つぶやきシロー、ジーコ内山、松尾貴史、デーブスペクター、藤岡弘、村野武範、筒井康隆
監督 河崎実
監修 実相寺昭雄

日本以外全部沈没 公式ページ



Comments are closed.