蝋人形の館 HOUSE OF WAX

Posted: 10月 10th, 2008 | Filed under: ホラー


ダーク・キャッスル・エンターテイメントの悪趣味全開再び!



さずがダーク・キャッスル・エンターテイメントの作品。
観客を飽きさせません。ホラーなんだけど、アクション満載。というこのプロダクションの王道セオリーに乗ってストーリーは展開します。

セレブリティのバリス・ヒルトンの映画初出演にして、グロい殺され方をすることでも話題になったこのホラー、1930年代と50年代にそれぞれ映画化されている「肉の蝋人形」のリメイクですが、ほぼオリジナルのストーリーだそうです。昔の作品は見たことがないので、わからないけど、ダーク・キャッスルらしい悪趣味全開です。前半25分くらいはダルい展開ですが、蝋人形の町に入ったころからジェットコースターのように話は進んでいきます。

生きながら蝋人形にされる、まだ生きているのに皮を剥がれる。
あぁぁぁぁぁぁぁあ残酷。このグロさはハンニバルを超えた。
でも思うのです。人のクルマのライトを割り、人様の家に勝手に上がりこみ、家の中を勝手にうろつき回り、勝手に人のモノを扱い、勝手なことをやりつづけたから、そうなるんだろと。自業自得だろと。

見ていて途中から、思ったのです。
ヤラれちまえ!おまえら、自分が悪いのじゃっ!思い知るがいい!!

この映画から教わることがあるとすれば、それは


   若気の至りは、損。


ということでしょう。






ちなみに、デーモン小暮閣下は出演しておりません。


聖飢魔II 悪魔の黒ミサ


  「お前を蝋人形にしてやろうかっ!!」




出演:エリシャ・カスバート、チャド・マイケル・マーレイ、パリス・ヒルトン
監督:ジャウマ・コレット=セラ


Comments are closed.