ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

BABEL バベル

Posted: 10月 10th, 2008 | Filed under: サスペンス

私は悪い人じゃない おろかなことをしただけ


菊池凛子がアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたことで話題となった作品。

モロッコの放牧地帯で撃たれた一発の銃弾が、国境を越えて連鎖するストーリー。

BABELの名の由来は旧約聖書によるものだ。
「遠い昔、言葉は一つだった。神に近づこうと人間たちは天まで届く塔を建てようとした。神は怒り、言われた。”言葉を乱し、世界をバラバラにしよう”。やがてその街は、バベルと呼ばれた。」(旧約聖書 創世記11章)


本作品は、言葉が通じないことや、心が通じ合わないこと、届かない思いの虚しさ、罪を犯したことからくる嘘そして自分への言い訳と動揺、おごりからくる致命的失敗、自分を認めてくれないことへの疎外感を、モロッコ、日本、メキシコ、アメリカという3大陸を舞台にして同時進行させ、4言語にわたって伝えたものだ。

日本のメディアでは、公開前にアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた菊池凛子の体当たりな演技ばかり話題が先行したが、内容はかなり深いものがある。

日本人の側として観ると、これは「アメリカの正当性を描いた作品ではないのか。アメリカは悪くない。アメリカは巻き込まれただけだ。悪いのは他民族だ。とアメリカが主張している、アメリカ人による人種差別的作品ではないのか。」と感じさせる向きがある。

実は私自身がそう感じてしまった。

モロッコで放たれた銃弾が、アメリカ人に当たってしまう。その銃弾とライフルは日本から持ち込まれたものだった、というくだり。

陽気で人懐っこいメキシコ人が、不法入国・不法就労問題のためにアメリカでは「メキシコ人は悪い人ばかり」というレッテルを貼られている誤解。
越境時に不法入国の疑いを着せられてしまうという偏見。

バベルの塔のような高層ビルがそびえたつTOKYOで、同じ民族であっても聾唖により言葉が通じないが故(それだけが理由ではないが)に、軽薄な関係しか築けない親子と友達とのコミュニケーションの希薄さ。


しかし、これこそが監督が狙ったものなのだと気付く。

まず、アメリカの正当性を観るものに感じさせて嫌悪感を抱かせ、その先にある真意に気付いて汲み取って欲しいと。

言葉や肌の色、経済の格差により、争いの絶えないバベルの世界と化したひとつの惑星に生きているのだと。

そんな世界にあっても、同じ星に生きる命のひとつとして、お互いを思いやり、もっとコミュニケーションをとりあって生きるべきなのだと。

こうしたことを映像だけで伝え、言葉で伝えていないので、本作品を観る者によっては、ただ単に「アメリカの正当性」だけを感じて嫌悪感を抱いたままで終わるかも知れない。

それもバベルな現代社会に生きるゆえの不甲斐なさだ。



メキシコ女性が言う。

  「私は悪い人じゃないの おろかなことをしただけよ」

この言葉が全てを物語る。

登場人物に本当の悪人は出てこない。
皆、人並みの幸せを求めて暮らしている人ばかりだ。

しかし、些細な行動の過ち、行き過ぎた配慮が逆に致命的なトラブルの元となってしまう。

それは私たちの普段の生活の中で、普通に起こりうることだ。

文化や言語が違う世界のみならず、同言語を話す民族のなかにおいても、すれ違いや争いはある。

そんなBABELな世界において大切なものは、もっとお互いをよく知って理解しあうということではないだろうか。



ストーリー上、菊池凛子のエピソードの部分はいらないような感じで、作品中にそのエピソードが必要だという説明はないが、なぜ日本からモロッコに銃弾とライフルが持ち込まれたかを考えれば、必要だったとラストで衝撃の真実とともに理解できる。




Tips:
・日本語で会話をしている場面にも日本語字幕が付けられているのは、聴覚障害者に全編を通して
 作品内容のセリフがわかるように、すべてのセリフに日本語字幕を付与せよとの署名運動が行われた成果。
・エンディング近くに、坂本龍一の曲「美貌の青空」が流れる。
・上映開始後1時間20分頃に、日本のクラブのシーンで画面が激しく点滅するシーンがあり、
 一部の上映館の観客数名が体調を悪くした。
・クラブでかかる音楽はEarth, Wind & Fireの「September」を、世界のクラブシーンからの評価が高い
 MONDO GROSSO(モンド・グロッソ)のリーダー、大沢伸一がLimixしたもの。
 「September」は大沢伸一お気に入りのディスコ・ミュージック。
 ”SAKURA HILLS DISCO 3000″でも「SEPTEMBER 99」というLimixバージョンを収録している。
  (BABELのLimix版とは異なります。でも「SEPTEMBER 99」のほうがまとまりはいい。)

Shinichi Osawa presents SAKURA HILLS DISCO 3000
オムニバス SHD3000 SHD3000 All Stars 大沢伸一 bird Monday満ちる テイ・トウワ BAHAMADA VIV KYOTO JAZZ MASSIVE
ソニーミュージックエンタテインメント (2000/04/01)
売り上げランキング: 162605
おすすめ度の平均: 5.0
5 永遠の一枚。
5 ディスコ、やっぱかっこいい。
5 棚ボタ







出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル・役所広司、菊池凛子
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
BABEL



バベル スタンダードエディション
ギャガ・コミュニケーションズ (2007/11/02)
売り上げランキング: 121
おすすめ度の平均: 4.0
2 こんな老けた高校生がいるのか?
5 暴き出された混沌と痛み
4 とりあえず


Babel
Babel
posted with amazlet on 07.10.28
Gustavo Santaolalla
Concord (2006/11/21)
売り上げランキング: 77518
おすすめ度の平均: 5.0
5 BIBO NO AOZORA
5 どこかで聴いた「OH MY JULIET !」…


Comments are closed.