シャイン・ア・ライト SHINE A LIGHT

Posted: 1月 5th, 2009 | Filed under: ドキュメンタリー

Start Me Up!



2006年11月、ニューヨークのビーコンシアターで開催された、ロックバンド「ローリング・ストーンズ」のライブを収録した作品。
監督はディパーテッドアビエイターギャング・オブ・ニューヨークのマーティン・スコセッシ。

熱狂的なローリング・ストーンズのファンであるスコセッシが、自ら劇場や舞台セット、照明演出をし、手持ちカメラやクレーンなど18台のカメラを駆使して臨場感たっぷりに描く。

ただの音楽映画ではない。

そこにはスコセッシのストーンズに対する敬意が表れている。
ストーンズも最高の映画監督として敬愛するスコセッシに対して、思う存分ステージで弾ける。

デビューから45年経過したローリング・ストーンズのメンバーは年齢が60代を超える。

顔には皺が刻まれ、腕や手を覆う皮膚は老いたそれだ。

しかし、カラダは筋肉質であり、その年齢を感じさせないほどにステージを駆け回り、シャウトする。

ロッカーであることの条件を、これほどまでに長く維持しているバンドはない。

スコセッシ監督がわずか2800人しか収容できないビーコン・シアターを選んだ理由は、スタジアムではありえない至近距離で臨場感を出すためだという。

映画館がライブ・ステージになる。
いや、ライブ・ステージ以上だ。

画面いっぱいにアップになるミック・ジャガー。
ステージ中央に駆け寄るミック・ジャガー。
激しく腰を振り、シャウトするミック・ジャガー。

激しいギターテクニックを披露する、キース・リチャーズ。
ステージでタバコを吸い、ヘビースモーカーぶりを披露するキース・リチャーズ。

正確で激しいドラミングをするチャーリー・ワッツ。

大音響で、大画面で楽しむにふさわしいライブ・ドキュメンタリーの誕生である。


出演:ローリング・ストーンズ、クリスティーナ・アギレラ、ジャック・ホワイト、バディ・ガイ
監督:マーティン・スコセッシ
シャイン・ア・ライト

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2009-07-03)
売り上げランキング: 7842

 


Comments are closed.