ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

レッドクリフ パート2 / Red Cliff Part2 / 赤壁 決戦天下

Posted: 4月 13th, 2009 | Filed under: アクション, 戦争

百戦百勝は善の善なるものに非ず


■ストーリー

西暦208年、三国志の時代。
赤壁の対岸にある曹操の陣営の中に男装して潜入していた孫権の妹・尚香は、疫病で多数の兵士が亡くなっていることを知る。
しかし、曹操らは疫病に感染した死体を船で周瑜率いる連合軍のいる赤壁に流し、連合軍の兵士に感染させる。
周瑜の同盟軍である劉備軍は自分たちの兵士を守るため、撤退を決意。
同盟はなくなると、兵数はわずかとなり、窮地に立たされた。
戦地に残った孔明は少ない兵力で戦うための戦略を立てる・・・

■「三国志」の中で有名なエピソード、「赤壁(レッドクリフ)の戦い」を描く。

ビジネス戦略にも用いられることの多い「三国志」、「孫子の兵法」は、日本にもファンが多い。
このエピソードを映画化しているということで、「レッドクリフ Part1」の日本での興行は大成功を収めた。

本作は後編であり完結編であり、アクション、VFXはさらにパワーアップしている。

知略に富む戦術、そして集中力さえあれば小石でも巨人を倒せるということを、観客に”魅せる”。

闘う心、忠義の心、野望の心、孤高の心、仁愛の心、不屈の心、純真の心。
信じる心が、未来を変えるのだ。

完璧と見えるストーリーだが、ひとつだけ突っ込みどころはある。
“デブ助”と、”バカ正直者”のエピソードだ。
三国志の「赤壁の戦い」の中に、あのエピソードが出てきた時点で台なしになっているのが残念。
「赤壁の戦い」のあと、「どちら側にも勝者はいない」ということを示すためには必要だったとしても。

■「鳩」好きなジョン・ウー監督からのメッセージ

ジョン・ウーは自分の製作した映画のなかで鳩を飛ばすのが好きな監督として知られる。
ジョン・ウー曰く、鳩は愛と平和の象徴だからということで、本作でも鳩は登場するのだが、鳩はストーリー中で重要な役目を負う。

ジョン・ウーは香港映画からハリウッドに進出し、そして中国に戻った。
香港映画時代は撮影中に脚本をつくるという手作り映画的な製作手法だったが、ハリウッドにて緻密な準備と計画で製作をする手法を学び、本作品に適用したとのこと。
本作品は日中合作映画だが、事実上の中国映画である。ジョン・ウーは中国にいる若い映画製作者に、ハリウッド流の映画製作技法を学んで欲しかったそうだ。

アクション、VFX、演出、ストーリーにおいて及第点を上げられる作品に仕上がっており、これから製作される中国映画のクオリティの高さが予見される。

本作品上映前に、ジョン・ウーから観客へのメッセージが流される。
それの意味するところは、「混沌とした時代においても、自分を信じ、自分で考え、自分で行動して未来を切り開け」ということだ。

・出演者:トニー・レオン、金城武。チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン
・監督:ジョン・ウー
レッドクリフ Part2


【初回生産限定】レッドクリフ Part I & II DVDツインパック
エイベックス・マーケティング (2009-08-05)
売り上げランキング: 3637

 
 
 


Comments are closed.