ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

グラン・トリノ GRAN TORINO

Posted: 5月 1st, 2009 | Filed under: サスペンス

クリント・イーストウッド流の人生の締めくくりかた


■ストーリー

アメリカの片田舎で妻に先立たれたウォルト。
かつて朝鮮戦争で戦い、フォードの自動車組み立て工として働いていたウォルトは、フォードの名車グラン・トリノを眺めながら庭先でビールを飲むのが日課だった。

自分の主義からはずれるものは全て許さない頑固オヤジだったウォルトは隣に引っ越してきた東洋人にも心を許さない。
そして、隣人に住む少年タオがグラン・トリノを盗もうとして失敗したことから、二人の間には奇妙な関係が生まれる。
タオは街のチンピラになっている従兄によってグラン・トリノを盗むように指示されていただけの臆病な少年。
タオの謝罪の気持ちを受け入れて、ウォルトは労働をタオに課す。
男としての自信を取り戻すタオ。しかし、タオは従兄との争いから、家族と自分を生命の危険にさらしてしまう。

ウォルトは彼の未来を守るために、ある決意をする・・・

■生きることとは死に方を見つけること

「どうやって こんな傑作をつくるのか、わからない」とは、ニューヨーク・タイムズ紙の評だ。
観賞し終わって、まさにその通りと感じた。

この作品を作ったクリント・イーストウッドの年齢は78歳。
一般の人なら、とっくの昔に隠居している年齢である。
しかし、クリント・イーストウッドは自らメガホンをとり、主演もこなす。

ミリオンダラー・ベイビー硫黄島からの手紙父親たちの星条旗といった佳作を老いてなお撮り続けるクリント・イーストウッドが伝えたかったことは何なのか。

この作品は、一連の生と死を見つめる作品であるが、ミリオンダラー・ベイビーが 「無駄に生きるな、熱く死ね!」と伝え、硫黄島からの手紙父親たちの星条旗が戦争に翻弄されつつも生きた人物像を描いたとすれば、この作品ではクリント・イーストウッド流の「人生の締めくくり方」を伝える。

次世代に残すことは何か、次世代を守るためになすべきことはなにか、そして次世代に伝えることは何か。

朝鮮戦争で自らが生き残るために多くの敵を殺した罪滅ぼしのために、自らの命を次世代のために捧げるウォルトに驚愕せずにはいられない。


・出演:クリント・イーストウッド
・監督:クリント・イーストウッド
グラン・トリノ公式サイト

グラン・トリノ [DVD]
グラン・トリノ [DVD]
posted with amazlet at 10.05.06
ワーナー・ホーム・ビデオ (2009-09-16)
売り上げランキング: 751
 




Comments are closed.