ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ココ・アヴァン・シャネル COCO AVANT CHANEL

Posted: 9月 24th, 2009 | Filed under: 実在の人物を描いた作品

自分の個性を武器にする



■ストーリー

母親を亡くし、父親に見捨てられ、孤児院に入れられたガブリエル・”ココ”・シャネルは、姉とともに地方のキャバレーで歌って生計を立てていた。昼間は仕立屋の裏方で裁縫をし、夜はキャバレーで歌うという生活をしながら、パリで歌手になることを目指していたシャネルは、男爵との結婚を夢みる姉の歌手生活からの離脱によって夢は断たれてしまう。

しかし、自分の可能性を知っていたシャネルは自力で夢を切り開いていく。

■かけがえのない自分となるためには、常に他と違っていなければならない

シャネル没後38年が経過した現在でも、究極のブランドとして君臨するシャネルの成功秘話を描いたのが本作品である。
財産もコネクションもないシャネルがどうやって自分の意思の力で成功を築き上げたかを垣間見ることができる。

この世にないものを生み出し、何かを起こそうとするとき、しばしば人々はそれに取り組もうとする者を笑いものにする。
しかし、自分が社会に歩み寄るために自分を合わせるのではなく、社会を変えることにより自分の個性を受け入れさせることができる。

他と同じであることに満足せず、他人との違いを切り札とすることは、成功することの条件だ。
シャネルは恋人を交通事故で失うという悲劇をきっかけにして、死の直前まで仕事に一心不乱に取り組み成功することができたが、何かを起こす、何かを変えるきっかけとなるのは、その本人と周囲の劇的な変化によるものだと、この映画を見て再認識させられた。

・出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブルード、マリー・ジラン
・監督:アンヌ・フォンテーヌ
ココ・アヴァン・シャネル公式

ココ・アヴァン・シャネル特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-01-20)
売り上げランキング: 202
 
 


Comments are closed.