ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

インビクタス 負けざる者たち INVICTUS

Posted: 2月 12th, 2010 | Filed under: 実在の人物を描いた作品

心までは征服されていない

invictus

■ストーリー

1990年、南アフリカで27年間、監獄に囚われていたネルソン・マンデラが初の黒人大統領に就任した。 長くアパルトヘイト政策が行われていた白人社会で、マンデラがとった政策は寛容と赦しだった。黒人差別政策の白人社会から、黒人が大統領となった社会に転換したことで、黒人の国民の誰もが白人を憎み、国家、国旗、国歌など全てを刷新して逆に白人を差別する政策をするのかと多くの国民は思っていたが、白人の力を借りなければ国家の再建は不可能だとして、肌の色で差を付けることなくひとつの国の国民として団結させるべく、万年負けチームとして蔑まれていた南アフリカのラグビーチームにひとつの光を見出していた。 南アフリカで開催されるラグビーのワールドカップまで、あと1年。 果たして、ラグビーチームは国の威信を取り戻すことができるのか・・・

■奇跡の実話を、クリント・イーストウッド監督が映画化

絶対勝てるはずがない、と言われ続けてきた弱い自国のラグビーチームを、最強と呼ばれたニュージーランドチームに初出場で初勝利し、国の歴史を変えた実話を、クリント・イーストウッド監督が映画化した。 クリント・イーストウッドは本作には出演していないが、その熱いスピリッツは画面から真正面に伝わってくる。 不屈の精神を持つ大切さ、 自分が変わらないと、他人を変えることはできないということ、 自分の持ちうるパワーを最大限、いやそれ以上に出しきるためにはどうすればよいか、 そうした熱いメッセージが、画面から否応もなしに伝わってくる。 この映画を観終わったとき、誰もがこう思うはずだ。 「自分にできないことなど、何もないのだ」

私が我が運命の支配者、我が魂の指揮官



■すっかり本人になりきった出演者たち

大統領役のモーガン・フリーマンは、マンデラ自身がキャストを熱望し、大統領の貫録と慈愛に満ちた役柄を熱演、ラグビーチーム主将役のマット・デイモンもラガーマンとしての体格、風格を備えた。まさにハマリ役の演技で違和感なくすんなりと映画のなかに入っていけた。 やっぱりなによりすごいのが、クリント・イーストウッドである。 サラリーマンならばとっくの昔に引退している年齢であるのに、現役で映画を撮り続け、まだ撮りたい作品があるという。 自分も負けてはいられない。

・出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン
・監督:クリント・イーストウッド
インビクタス 負けざる者たち

インビクタス / 負けざる者たち ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-07-14)
売り上げランキング: 60

 


Comments are closed.