ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ハート・ロッカー Hurt Locker

Posted: 3月 11th, 2010 | Filed under: 戦争

誰かがやらねば

hurtlocker

■ストーリー

2004年夏、イラク・バクダッドでアメリカ軍爆発物処理班で防護服に身を包み、日夜任務を問わず遂行する兵士たちを描く。

数多くの爆弾処理のエピソードを交えながら、人間の使命とは何か、いま何をすべきなのか、何を残すべきかを問う。

■2009年度アカデミー作品賞受賞

最も有名なエピソードは、ジェームズ・キャメロン監督作の3G大作「アバター」とのアカデミー賞獲得争いだ。本作品の監督・キャスリン・ビグローはジェームズ・キャメロンの元妻であり、元夫婦の賞争いとして注目を集めた。

結果的に作品賞以外に6部門で受賞し、アカデミー賞初の、女性監督が監督賞を獲得するという栄誉も得た。

「アバター」がアカデミー賞を獲ると言われながら、なぜこの作品が獲得したかというと、「アバター」は映像の美しさ、卓越した技術を持つものの、ストーリーがありきたりであったからに他ならない。

対する本作品は、ドキュメンタリータッチで戦場で生死をかけて任務を遂行する生身の兵士を描いているというところが評価されたもので、「アバター」「ハート・ロッカー」とを比較すれば、「ハート・ロッカー」のほうに軍配が上がるのは言うまでもない。

個人的には、作品賞としてアカデミー賞をとるべき作品は他にもあったとは思うが、「アバター」が獲得しなかったのは、アカデミー賞審査員の目は汚れていなかったということなので、それだけは評価できる。


・出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ
・監督:キャスリン・ビグロー
ハート・ロッカー公式
ハート・ロッカー [DVD]
ポニーキャニオン (2010-09-02)
売り上げランキング: 1958


 
 


Comments are closed.