ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ブラック・スワン BLACK SWAN

Posted: 5月 12th, 2011 | Filed under: サスペンス, スリラー

自分の道を閉ざすのは自分自身

blackswan

■ストーリー

ニューヨークのバレエ劇団では、クラシックバレエ「白鳥の湖」を革新的な演出のもと、上演することに決定、メンバーであるニナは、白鳥と黒鳥という二役に抜擢された。

プリマの女王として歩みだすはずだったが、劇団内の嫉妬、そしてニナ自身のプレッシャーにより心の闇に落ちていく・・・


■アカデミー主演女優賞獲得、納得の演技

ナタリー・ポートマンのプリマドンナとしての役どころは、ほとんど吹き替えなし。
10ヶ月に及ぶトレーニングにより、しなやかな演技とボディラインを獲得。

初上演に至るまでの葛藤と、上演の過程でついに自分自身を解き放ち、完璧なる演技に昇華させるまでを見事に演技した。

でも、アカデミー主演女優賞を獲得できた理由は、その演技以外に、R指定となった演技のほうだったりして・・・ ハル・ベリーが出演した「チョコレート」など、過去の主演女優賞獲得作品もそうだったし・・・

なんにしろ、「レオン」でデビューした頃の純真で情熱的な少女は、大人の演技ができる女優としてついに開花した。


■カテゴリーはスリラーだが・・・

映画のカテゴリーとしては、「スリラー」となっている。
たしかにスリラーでもあるし、ホラーのようでもある。サスペンスのようでもある。
バレエ上演に至る過程で、ホラー映画のような演出や場面が続出するので、鑑賞中は「これでアカデミー賞をとったの?」と懐疑的な感情を抱き、「バレエを題材にしたホラー映画かよ。ぜんぜんダメじゃん、B級映画だよこれじゃ」と低評価の決定を下そうとしたところ、ラスト5分前あたりのクライマックスから場面は急展開。
「あっ、そういうことなのね」と納得。

純真な白鳥の女王であったプリマは、プリマドンナの座を獲得したプレッシャーと葛藤から現実と悪夢に満ちた妄想の間をさまよい、ダークサイドに堕ちた。

それは、純真な白鳥の女王が、邪悪で官能的な黒鳥へと脱皮するための一過程であった。

「自分を道を閉ざすのは自分自身だ。自分を解き放て」


■ラストはレスラーと同じ「ジャンプ」で終わるというオチ

本作品の監督は、ミッキー・ロークを「レスラー」で見事に復活させた、ダーレン・アロノフスキー。

レスラー」のラストは主演男優が舞台でジャンプする場面だったが、本作品でもジャンプして終わったので、不覚にも笑ってしまった・・・


・出演:ナタリー・ポートマン、ウィノナ・ライダー、ミラ・クニス、ヴァンサン・カッセル
・監督:ダーレン・アロノフスキー
ブラック・スワン公式







Comments are closed.