スカイライン 征服 SKYLINE

Posted: 6月 20th, 2011 | Filed under: SF, アクション

なんという消化不良

skyline

■ストーリー

深夜のロサンゼルス。突如として無数の青白い光が降り立ち、その光を見た人たちは吸い寄せられるように光の中へと消えていった。
翌朝、またしても青白い光が降り立つ。その光の上空には巨大な未確認飛行物体が出現、地上から大勢の人たちを吸い上げていった。
この青白い光を見てはいけないと気付いた人たちは、街を離れようとするが・・・

■VFXはすごいよVFXは

2012アバターのVFXを担当した、Hydraulxを立ち上げた監督が製作した本作品は、驚異的なVFXがウリ。

だが、ウリなのはVFXだけでストーリーはB級。

インデペンデンス・デイ宇宙戦争トランスフォーマーのいいとこどりをしたにも関わらず、あくまでB級。

巨大宇宙船はインデペンデンス・デイ、人を吸い上げて養分にするところは宇宙戦争、巨大宇宙船から出撃するイカ型クリーチャーはマトリックス レボリューションズで登場したクリーチャーに似ている。

米国では低予算ながらいい興行成績だったそうだが、パクリの部分が多いのとストーリーがあまりにも陳腐で消化不良。

消化不良の極め付けの要因はラストシーン。
宇宙戦争もラストが消化不良だったが、ラストのテイストまでパクらなくてもよろしい(笑)

今秋公開される「世界侵略:ロサンゼルス決戦」も、HydraulxがVFXを担当しているとのことだが、大丈夫なのかしらん。

・出演:エリック・バルフォー、スコッティ・トンプソン、ブリタニー・ダニエル・デヴィッド・ザヤス
・監督:グレッグ・ストラウス、コリン・ストラウス
スカイライン・征服


Comments are closed.