ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

スーパーエイト SUPER8

Posted: 6月 24th, 2011 | Filed under: SF, ファンタジー

めくるめく郷愁

super8

■ストーリー

1979年夏、オハイオの小さな田舎町で、少年ジョーは映画祭”SUPER8″に出品するゾンビ映画の撮影を行っていた。
その撮影中、米軍の貨物列車の大事故に遭遇。九死に一生を得た彼らは、途方もない騒動に巻き込まれることになる・・・

■J.J.エイブラムスが送る、スピルバーグへのリスペクト作品

LOSTM:i-3 ミッション:インポッシブル3クローバーフィールド/HAKAISHAといった新感覚の映画やドラマを送り出してきたJ.J.エイブラムスが監督した本作品は、これまで公開されてきたスティーブン・スピルバーグ監督作品へのオマージュとリスペクトが満載。

E.T. 、 未知との遭遇、 ジュラシック・パーク 、ジョーズ といったスピルバーグ作品へのオマージュが注がれている。

モンスターの姿がはっきりと登場せずに人やモノを襲う様子は、まるでジョーズ。
スクールバスがモンスターに襲われる様子はジュラシック・パーク。
モンスターが乗った宇宙船が宇宙へ向かって飛び立つ姿はE.T.や未知との遭遇。

しかし、単なるリスペクトやオマージュになっていないところがJ.J.エイブラムスらしいところ。
映画製作への愛、スタンド・バイ・ミーのような青春の甘酸っぱさもあり、泣かせる。

ド迫力の音響と映像は冒頭の貨物列車の大事故シーンと中盤以降からラストまでで、途中はほとんどVFXを使ったようなシーンはなし。
中だるみしているのかと思いきやさにあらず。
登場人物の心情や人間関係を濃密に描くことも忘れない。

だからこそ、ラストの大団円が活きる。
J.J.エイブラムスとスピルバーグの映画は期待を裏切らないから安心して鑑賞できるということを再認識させられた。

あっ、もうひとつリスペクトされていたものがあった。
ゾンビ映画の巨匠・ジョージ・A・ロメロ監督へのリスペクトだ。

この映画の時代背景は1979年。
1979年と言えばジョージ・A・ロメロの「ゾンビ」が公開された翌年。
そして、少年たちが製作しているゾンビ映画に登場する会社は「ロメロ」だった。

少年たちが製作したゾンビ映画の内容はエンドロールにて公開される。

これは、エンドロールまで席を立たなかった観客へのご褒美だ。

・出演:ガブリエル・バッソ、カイル・チャンドラー・エル・ファニング
・監督:J.J.エイブラムス
・製作:スティーブン・スピルバーグ
SUPER8 公式





Comments are closed.