世界侵略:ロサンゼルス決戦 BATTLE:LOS ANGELES

Posted: 9月 23rd, 2011 | Filed under: SF, アクション

退却NO! 2-5

battlela

■ストーリー

2011年夏、突如として現れた流星群が大気圏に侵入、大都市の沖合15kmに次々に落下する。だが、それは隕石ではなく、未知の世界からの侵略者だった。
地球上の都市が攻撃を受け、各国の軍隊が応戦するもことごとく壊滅状態に追い込まれる。
ロサンゼルスでも壊滅寸前となったが、戦場と化したロサンゼルスに残された海兵隊員10名が決死の逃亡と反撃を開始する…

■3Dでないのにこの臨場感

宇宙から侵略してきたエイリアンとの戦いという、ハリウッド映画ではよくあるストーリーを、ここまで斬新なものにしたのはその演出手法にある。

プライベート・ライアン」のような画面のブレを利用した、観客も戦場にいるかのようなドキュメンタリー風の演出と先の読めないストーリー。
エイリアンが繰り出すハイテク兵器が、エイリアンの持つ兵器っぽくなくてローテクな佇まいなため、妙なリアルさを醸し出す。

VFXを担当したのが、鑑賞後消化不良を起こしたスカイライン 征服のHydraulxだったため、VFXはよくてもストーリーがダメなんじゃないかと危惧したが、これなら納得。

宇宙戦争インデペンデンス・デイ遊星からの物体Xエイリアン2を足したような感じの作品だが、ここまで作りこむのなら及第点を上げられる。

本作品は2011年4月1日公開の予定だったが東日本大震災の影響で9月中旬まで公開延期された。

その理由は興行成績うんぬんよりも、画面を覆い尽くす瓦礫の山・山・山だったからだ。

・出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリケス、ブリジット・モイナハン
・監督:ジョナサン・リーベスマン
世界侵略:ロサンゼルス決戦



Comments are closed.