ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

バッド・ティーチャー BAD TEACHER

Posted: 6月 1st, 2012 | Filed under: コメディ

「そんなだから日本人に負けるのよ!」って何?

badteacher

■ストーリー

教育に情熱を持てない女教師のエリザベス、教師を辞めて学校を去ったその日、オペラ歌手の男に金だけが目当てだということがバレてしまい、婚約を破棄される。
やむなく、学校に戻ったエリザベスは、次なる男に目を付けるが・・・

■ビッチ女を演じさせたらピカイチと言いたいところだが・・・

ようするにこの作品は、「玉の輿を狙うだけの女が、本当に自分に合った男を見つける物語」を描いたB級コメディなのだが、これまでのキャメロン・ディアス作品のなかでは低評価をつけざるを得ない。

B級コメディらしく、笑える箇所はある。下品なブラックジョークもある。
キャメロン・ディアスのコメディエンヌぶりも健在だ。
プレイボーイ誌のプレイメイトみたいにカラダ全体を使って洗車をするサービスショットもある。
必然性のない下品な場面が多いのも大目に見よう。

だが中盤からラストへ向けた物語の展開がチープすぎてありきたりなのだ。
結果として、くっついたのはエリザベスにちょっかいをかけ続けていた体育教師で、結局のところビッチはカラダの相性だけが大切だったという、ありがちなもの。

さらに不思議な場面があった。
エリザベスが金のために学区で一番の成績を生徒たちにとらせようとハッパを掛ける場面で、「そんなだから日本人に負けるのよ!そこは別!」と、日本人と思われる生徒に叫ぶところが意味不明。

しかし、ラストであれほど教育に熱意のなかったエリザベスが生活指導室に生徒たちを招き入れる場面で、招き入れたのがその日本人役の子供だったことから、この作品には、日本人に向けた何か隠されたメッセージがあるのかも知れないと穿った見方をせざるを得ない。



・出演: キャメロン・ディアス、 ジャスティン・ティンバーレイク、ルーシー・パンチ、ジョン・マイケル・ヒギンス、ジェイソン・シーゲル
・監督: ジェイク・カスダン
バッド・ティーチャー公式


Comments are closed.