ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

プロメテウス PROMETHEUS

Posted: 8月 24th, 2012 | Filed under: SF

エイリアン・ファーストコンタクト

prometheus

■ストーリー

2093年、科学者エリザベスは地球上の複数の古代遺跡から見つかった壁画に描かれた遠い宇宙の星座を、人類の創造主からのメッセージと受け止め、宇宙船プロメテウス号に17人の乗組員とともに目的地へと向かう。

2年以上の時を経て目的地に到着した一行は、そこで人工的な建造物を目撃する。
そして、彼らは恐るべき事実を知る・・・


■「人類の起源」というけれど

キャッチコピーは「人類はどこから来たのか。人類最大の謎、それは< <人類の起源>>」。

だが、「人類の起源」はほとんど関係なく、映画「エイリアン」シリーズの前に起こった出来事を描いたものと考えたほうがわかりやすい。

エイリアン [Blu-ray]
エイリアン [Blu-ray]
posted with amazlet at 12.08.24
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2011-04-22)
売り上げランキング: 19030

エイリアン・シリーズではおなじみの腹を突き破ってエイリアンの胎児が出現するシーンなど、おなじみの名シーンも盛りだくさんだ。

VFXもよく出来ているのだが、SFホラーの金字塔でもあるエイリアンの第一作目のようなサスペンス性も、エイリアン2のような大アクションもない。

パート3以降の中途半端な感じのSFアクションと同じようになってしまっていた。

ストーリー展開もエイリアン・シリーズを踏襲したような感じになっているし、中盤から「なにこれ、リドリー・スコットは本当にこの映画を撮りたかったのだろうか」と観ながら考えるようになってしまった。

つまり、映画プロダクションの要請により、リドリー・スコット監督の過去作品のオマージュ的な映画を作ってしまったのではないかという疑念だ。

外国映画も含めた過去作品のリメイクやシリーズものだらけとなってしまって、ネタ切れ気味のハリウッド映画界を象徴しているかのようである。

この作品は単なるSFファンタジー作品であるが、あえて製作者側が伝えたかったメッセージをどうにか捻り出すとすれば、「自ら創りだした巨悪なものに滅ぼされる」ということ。

しかし、ストーリー展開の陳腐さにそのメッセージ性も掻き消されてしまった。

ラストは続編ができそうな感じだったが、エイリアン・シリーズ新3部作とかが出来ちゃったら、もう目も当てられない。


・出演:ノオミ・ラパス、マイケル・ファスペンダー、シャリーズ・セロン
・監督:リドリー・スコット
プロメテウス公式


Comments are closed.