レ・ミゼラブル Les Miserables

Posted: 12月 21st, 2012 | Filed under: ミュージカル

Tomorrow Is Come!

LesMiserables

■ストーリー

ジャン・バルジャンは、妹の子に与えるためにパンを盗んだ罪で19年服役し、仮釈放の身となる。
仮釈放の身となるも「危険人物」と書かれた身分証明書では、仕事を与えてもらえず、また施しもなかった。
生活に行き詰まったバルジャンは司教に助けられ、食べ物と一夜の寝床を与えられる。
そして、教会の物を盗んで逃げてしまい再び捕まるが、司教はその罪を見逃し赦してくれた。

司教の慈愛に触れた彼は改心することを決意し、8年度に市長になるまでの人物となった。

そのころ、市長自らが経営する裁縫工場で働く、美しいファンテーヌは、同じ工場で働く工女の嫌がらせにより工場を追われ、借金のかたに宿屋に預けられた愛娘のコゼットへの仕送り金を稼ぐため娼婦にまで身を落とした。

しかし、ファンテーヌは病気を患い死んでしまう。
市長であるバルジャンは自らの管理不行き届きにより工場を追わせたファンテーヌの娘コゼットを救うことを誓い、警官であるジャベールの追跡をかわして、コゼットとともにパリに逃亡、コゼットを美しい娘に育て上げた。

しかし、ときは歴史の大きなうねりのなかにあり、フランス革命の真っただ中に吞まれていく・・・


■不動のミュージカルの金字塔の映画化

レ・ミゼラブルは1985年に初演されて以来、世界43ヵ国で上演されているミュージカルだ。

ミュージカルでは描ききれないスケールの映像は、映画ならでは。

この作品は観る世代などによって感じ方が異なることだろう。

男、女、母、父、若者、老人、過去に罪を犯した者、欲深い者、それぞれに感じることがあるはずだ。

そして、この作品から何らかの示唆を得ることだろう。

希望を棄てない、夢を忘れない、愛することを諦めない。


いまも劇中の若者たちが歌う勇気の歌が心に響き渡る。

明日は来る!


・出演: ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、アン・ハサウェイ
・監督: トム・フーパー
レ・ミゼラブル


Comments are closed.