ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ゼロ・グラビティ GRAVITY

Posted: 1月 13th, 2014 | Filed under: SF, クライム・アクション

gravity
ロシアが自国の人工衛星をミサイルで破壊したことから、その破片が次々に周囲の人工衛星を破壊、宇宙ゴミという大群の破片となって宇宙船とその宇宙飛行士を襲う。

破壊された宇宙船を捨て、宇宙に放たれた宇宙飛行士が、決死の覚悟で地球への生還を果たすまでを描く90分。

見ることができる、生きている(動く)登場人物は3名。

宇宙空間では空気がないので音は伝わらない。
大群の宇宙ゴミが人工衛星やISS(宇宙ステーション)を破壊する場面も破壊音はない。

聞こえるのは、宇宙飛行士の声と息遣いのみだ。
緊迫した場面を盛り上げるBGMが、破壊音の代わりになっている。

ヘルメット越しに宇宙の眺めを見る場面があったり、宇宙船という狭い空間で至近距離で登場人物をずっと見ることになるので、映画の中に入り込んで自らがまるで体験しているかのごとく没頭することできる。

上映が始まってからわずか数分で緊迫した場面が連続する。
このため、ずっと手に汗を握ることになる。身をよじって逃げたくなる場面に何度も出くわす。
3Dで観賞すれば、よりリアルに追体験できる。

宇宙版ジェットコースター・ムービーではあるのだが、この作品にはひとつのメッセージが流れている。

それは「どんな人生でも生き抜け」ということだ。

絶望の淵に立っていても、そこを脱出する何らかの手立ては必ずある。
どんな試練があっても、それを楽しむくらいの気持ちで「最高の人生」として生き抜け。
躊躇せず、逃げず、乗り越えろ。

そうすれば、きっと目標にたどりつく。


・出演: サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー
・監督: アルフォンソ・キュアロン
ゼロ・グラビティ公式




Comments are closed.