ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

All You Need is Kill / Edge of Tomorrow

Posted: 7月 11th, 2014 | Filed under: SF

戦う、死ぬ、リピート (LIVE, DIE, REPEAT)

allyouneediskill
日本のライトノベル「All You Need is Kill」が原作の本作品は、映画の原題は「Edge of Tomorrow」である。

日本での公開時のみ、原作である「All You Need is Kill」と同タイトルとしたのは原作が日本発であることに敬意を示したこともあるのだろう。

地球を侵略しようとするエイリアンと人間との戦いを描くものだが、ストーリーはこれまでの同種のエイリアンとの戦いモノとは全く趣きが違う。

戦争がはじまったために起業した広告代理店を廃業せざるを得なくなり、軍の広報として入隊した男(トム・クルーズ)は、戦場の最前線に行くことを命じられる。

戦闘経験が皆無の男はあえなくエイリアンとの戦いで戦死するが、タイムループにより甦り、ある時点に戻って目覚める。

甦り、戦い、そして死ぬ。しかし、繰り返すごとに男は戦闘力と戦略性を高め、エイリアンとの戦いに勝機を見いだしていく。

最近の映画のVFXやアクションの仕上がりの良さは及第点に達しており、この作品でもそれは同様。あとは見せ方の違いでしかないのだが、本作品ではビジュアルに加えてストーリー展開で観客を引き込もうとする。

近年のハリウッドはネタ切れ気味で、過去のリメイク作品や続編が多く、あとは他国のヒット映画のリメイクものばかりとなってしまったが、ついに日本のライトノベルにも着目しはじめたということで、ハリウッドも生き残りに必死なのかも知れない。

日本では公開に先立って、主演のトム・クルーズがプロモーションで来日し、一日で大阪、福岡、東京を訪問するという特別日程が組まれた。



・出演: トム・クルーズ、エミリー・ブラント
・監督: ダグ・ライマン
All You Need is Kill 公式


All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
桜坂 洋
集英社
売り上げランキング: 339





Comments are closed.