ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ジャージー・ボーイズ / Jersey Boys

Posted: 10月 17th, 2014 | Filed under: 実在の人物を描いた作品

jerseyboys
The Four Seasons(ザ・フォー・シーズンズ)といえば、1960年代に大流行したOLDIES(オールディーズ)を代表するアメリカのポップバンドである。

代表曲と呼べる「シェリー」「君の瞳に恋してる」は世界中に知られ21世紀の現代も愛されている名曲だ。

この作品はトニー賞を受賞したミュージカルをクリント・イーストウッド監督が映画化したものだ。

類い稀なる歌声と音楽性で、ニュー・ジャージー州の田舎町から全米を魅了する成功を掴みとる経過を描く。

まばゆい栄光を得たがゆえに裏切りや挫折、別離も経験する。

クリント・イーストウッド監督といえば、ウエスタン映画から刑事アクション傑作「ダーティハリー」シリーズの主演を経て、監督業もこなすハリウッド映画の老練。

老いてなお、「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」など、深い人間性を描いた傑作を生み出す才能を発揮する監督である。

これまで監督した作品の中では、本作品は少し物足りなさもある。
それは既に知られた実在の人物を描いたものであること、有名なミュージカルがベースとなっていることも関係するのかも知れない。

ザ・フォー・シーズンズについて、あまり知られることのなかったエピソードが織り込まれているにしても、あっと唸らせるストーリーがあるわけではない。

この作品でクリント・イーストウッド監督が描きたかったものは何か。

危機に遭遇した際にどう立ち向かうのか、人を信じることとは何か、時が過ぎたとき、わだかまりは解けるのか。そのとき人は何を思うのか。

そんなことを、老いた監督自身が観客に問おうとしているのかも知れない。


ウエスタン映画時代の若かりし頃のクリント・イーストウッドがテレビのブラウン管を通してカメオ出演しているのは御愛嬌。

・出演: ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ビンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリカ・ピッチニーニ
・監督: クリント・イーストウッド
ジャージー・ボーイズ

ジャージー・ボーイズ オリジナル・サウンドトラック
サントラ ジョン・ロイド・ヤング カイリー・レイ フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ フランキー・ヴァリ エリック・バーゲン
ワーナーミュージック・ジャパン (2014-09-10)
売り上げランキング: 112



Comments are closed.