ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

スター・ウォーズ 最後のジェダイ / STAR WARS EPISODE 8 THE LAST JEDI

Posted: 12月 18th, 2017 | Filed under: SF

ルーカスのスター・ウォーズからの訣別

swep8
スター・ウォーズ シリーズ8作目。エピソード8のタイトルは「最後のジェダイ」。
この意味深なタイトルからもわかる通り、最後のジェダイである、ルーク・スカイウォーカーがどうなるのかが、ストーリーの鍵である。

ルークがいなくなり、ジェダイは断絶してしまうのか、それとも生き残るのか。

ジョージ・ルーカスはスター・ウォーズの権利をディズニーに譲り、ディズニー製作によるエピソード7「フォースの覚醒」が2015年に公開された。
ルーカスはエピソード7で当初ストーリーの構築に介入していたが、意見の食い違いから製作から完全に撤退した。

完成作品はルーカスの思い描いていたエピソード7とは異なるものとなってしまった模様で、ルーカスはエピソード7を面白かったとの感想を述べたが、不満は残っていたことだろう。

本作のエピソード8では、少なくともネット上ではルーカスの感想を伺い知ることはできない。

エピソード7は、エピソード4~6で親しんだスター・ウォーズファン世代でも楽しめるような作品ではあったが、如何せん懐古趣味過ぎた。エピソード4~6を彷彿とさせる場面や設定が多用され、批判もされた。

エピソード8でもそうしたエピソード4~6を彷彿とさせる場面がないわけではないが、もう完全に別モノと言ってよい。

キャラクターやメカニックは昔のスター・ウォーズのものが登場するが、内容は全く別の作品である。ストーリーや設定の稚拙さもあわせて、旧作品とは別モノである。

本作品で、ジョージ・ルーカスのスター・ウォーズから、ディズニーのスター・ウォーズに完全に移行されたのだ。

古いものに訣別し、新しいものにバトンタッチしたのである。

完結編のエピソード9が公開されたあと、新三部作が公開されるとの発表もなされた。

スター・ウォーズ サーガは、商業主義という暗黒面に墜ち、銀河には永久に平和は訪れないことになるのであろうか。

・出演:デイジー・リドリー、ジョン・ボヤーガ、アダム・ドライバー、ポー・ダメロン、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー
・監督:ライアン・ジョンソン
スター・ウォーズ / 最後のジェダイ 公式


Comments are closed.