ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ハン・ソロ / Han Solo – Star Wars Story

Posted: 6月 29th, 2018 | Filed under: SF

新三部作への伏線

hansoro
スター・ウォーズ シリーズの愛すべき悪党である、ハン・ソロの若き姿を描く作品。
如何にして、ハン・ソロはチューバッカと出会ったのか、如何にして、宇宙最速のガラクタ「ミレニアム・ファルコン号」をランド・カルリジアンからギャンブルの賭けで勝って奪うことが出来たのか、ミレニアム・ファルコンの先端部が切り掛けになっている理由、などなどの謎が明かされる。


スター・ウォーズのスピンアウト作品なので、これまでのスター・ウォーズ作品へのオマージュは盛り沢山。

ざっと挙げると、
  • ハン・ソロとランド・カルリジアンが殴りあうふりをしてハグするシーン [エピソード5]
  • 小惑星帯の中を高速飛行しながら帝国軍のタイ・ファイターとチェイスするシーン [エピソード5]
  • ミレニアム・ファルコンの銃座からの攻撃シーン [エピソード4]

特に、小惑星帯の中を高速飛行しながら帝国軍のタイ・ファイターとチェイスするシーンと、ミレニアム・ファルコンの銃座からの攻撃シーンでは、エピソード4と5で流れたあの音楽も鳴り響くので、旧作ファンには涙モノだろう。

2年前に公開されたスピン・アウト作品の「ローグ・ワン」では、スター・ウォーズのあのテーマ曲は全く流れなかったが、本作品では一小節くらいは流れる。

作り手の気合は入っているようなのだけど、興行成績は芳しくないらしい。
スター・ウォーズ シリーズ初の赤字作品ではないかとの報道もなされている。

全体的に画面が暗いこと、エピソード8の評価が良くなかったことから、旧来のファンが離れてしまったのがその理由ではないかという憶測も流れているが、実際はどうなんだろう。

観賞した後の感想から言えば、その理由は、はっきりとした スター・ウォーズの世界観がないのが原因ではないか。

フォースの善の部分と暗黒面との対決ではないことだ。

帝国軍は登場する。ミレニアム・ファルコン号は登場する。ハン・ソロ、ランド・カルリジアン、チューバッカといった、おなじみのキャラクターも登場する。
反乱軍結成への芽が出てくるシーンもある。

しかし、善と悪の対決ではないのだ。

ハン・ソロを主軸とするストーリーなのだから、仕方がない面はあるが、どうにも物足りない感じはする。

時間軸から言うと、エピソード3でジェダイがほぼ滅亡して帝国が誕生した後からローグ・ワンのあいだのストーリーなのだが、ラストでダース・モールがホログラムで登場したのがわからん。(ダース・モールは、エピソード1で敗れている)

これは、ディズニーが製作することを決定した新三部作への伏線なのかも知れない。

・出演:オールデン・エアエンライク、ウッディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グローバー
・監督:ロン・ハワード
ハン・ソロ 公式


Comments are closed.